自動車部品の専門商社|株式会社アクセス

自動車部品の専門商社、株式会社アクセス(AXESS)

  • Japanese
  • English

エンジン/駆動関連

(商品一部紹介)

オイルフィルター

オイルフィルターの写真

エンジンオイル内のスラッジやゴミ等の不純物を除去し、エンジン性能の低下を防ぐのが目的です。
フィルターが目詰まりを起こすと、汚れたエンジンオイルがエンジン内部を循環することになり、エンジンへさまざまな悪影響を及ぼしますので、定期的な交換が必要です。

エアーフィルター

エアーフィルターの写真

大気中の異物を取り除き、エンジンに綺麗な空気を送り込むのが目的です。
フィルターが目詰まりを起こすと、エンジンへ空気の供給ができなくなり、不完全燃焼による出力低下を引き起こします。
エンジンの性能を引き出し、燃料消費効率を上げるためにも定期的な交換が必要です。

フューエルフィルター

フューエルフィルターの写真

燃料内の異物や水分を除去し、エンジン性能や燃料消費効率を向上させるのが目的です。
フィルターが目詰まりを起こすと、エンジンの出力低下や異常振動を引き起こします。
燃料を完全燃焼させ、排気ガス中の有害物質を最小限に抑えるためにも定期的な交換が必要です。

キャビンフィルター

キャビンフィルターの写真

大気中の粉塵・花粉・ホコリ等を除去し、車内の空気を清浄な状態にすることが目的です。
花粉やホコリを除去する集塵タイプのほかに、銀イオンにより雑菌を抑えるゼオライトタイプと、活性炭によりタバコやカビの臭いを吸着する脱臭タイプがあります。
フィルターが目詰まりを起こすと、エアコンの風量が低下し、冷房・暖房の効きが悪くなります。
また、脱臭タイプですと脱臭力が低下し、汚れたフィルターが異臭の原因となりますので、定期的な交換が必要です。

タペットカバーパッキンセット

タペットカバーパッキンの写真

エンジン回りで、シリンダーヘッドとシリンダーヘッドカバーの間に使うパッキンです。
金属と金属の間にこのゴム製のパッキンを入れることでオイル漏れを防ぎます。

ドライブシャフトブーツ

ドライブシャフトブーツの写真

ゴミ等の侵入を防ぎ中のベアリングを保護すると共に、回転による振動をやわらげる役目も持っています。
一般的な自動車では、ほとんどが前輪側に装着されていますが、4WD車等では後輪側にも装着されているものもあります。

ステアリングブーツ

ステアリングブーツの写真

ハンドルを切る際に、伸縮する。また、シャフトも伸縮するため、その中にゴミ等が侵入するのを防ぐ働きをして耐候性に優れたゴムが使われています。

ダストカバーブーツ

ダストカバーブーツの写真

ナックルアーム(タイヤとつながっている部分)とタイロッドがボールジョイントでつながっていますが、その部分の振動をやわらげ、ゴミ等が侵入するのを防ぐ働きをしています。 主に耐油・耐候性に優れたゴムが使われています。

各種オイルシール

の写真

トライボロジー技術と高分子化学技術を融合した高密封オイルシールを提供します。

自動車用各種軸受

軸受の写真

自動車のあるゆる回転部位にさまざまな軸受が使用されています。

テンショナー/アイドラ軸受 クラッチレリーズベアリング

軸受の写真

アプリケーションに最適な機能と耐久性に優れた軸受です。

インライン型サーモスタット

サーモスタットの写真

写真のような外観形状をもつサーモスタットタイプをいいます。主に冷却回路のエンジン出口側に取付けられます。
サーモスタットの原型であり、コンパクト・軽量が特徴です。エンジン出口側に取り付けられる為、交換作業が容易です。

インレット一体型サーモスタット

サーモスタットの写真

サーモスタットの進化版として、周辺部品であるインレットを取り込み、一体化したタイプです。インレット材にはアルミと樹脂の2パターンあり、特に樹脂仕様は品質リスクから製造元の技術力があらわれやすいモデルとなっています。一体化は、部品点数削減による軽量化や形状の自由度アップによる流量向上等の性能アップをもたらします。今後のトレンドになるサーモスタットタイプです。

ボトムバイパス型サーモスタット

サーモスタットの写真

写真のようにボトム(底部)にもバルブを持つサーモスタットタイプをいいます。主に冷却回路のエンジン入口側に取付けられます。
水温上昇時、ボトムのバルブ(=バイパスバルブ)がバイパス通路を遮断することで、より多くの水をラジエータ(放熱器)へ流すことが可能となります。現行エンジンの多くは、このサーモスタットタイプを採用しています。

サブバルブ型サーモスタット

サーモスタットの写真

メインバルブとは別に、小型のバルブを持つサーモスタットです。小型バルブによりエンジンに悪影響を及ぼすハンチング(=急激な水温変化)を軽減することが可能となります。

マフラー

マフラーの写真

エンジンから発生する排気ガスを消音し同時に冷却を行い大気に導く装置です。
消音構造としては拡張室、共鳴室と分流構造の組合せが主流ですが、最近は室内こもり音低減の為に低周波用共鳴室が設けられることが多いです。
消音機内で排気ガスが断熱膨張し、温度が低下する他に消音機の表面からの放熱により排気ガスの冷却が行われます。

エキゾースト&テールパイプ

エキゾースト、テールパイプの写真

フロントエキゾーストパイプはエキゾーストマニホールドとフランジ継手で接続されることが多い。また、ディアルエキゾーストマニホールドを有する車両においてはエキゾーストパイプをYパイプとして排気ガスを集合させ、排気ガス及び排気騒音のバランスをとらせたりすることがあります。 更に、排気系の振動を低減する目的でエキゾーストパイプの一部にフレキシブルチューブを用いる場合や触媒の活性化を早めるために、中空二重管或いは断熱材を入れた製品もあります。

ウォーターポンプ/ファンカップリング

ウォーターポンプの写真

ウォーターポンプは、エンジンを冷却するためのクーラント(冷却水)をエンジン~ラジエータ間に循環させる為の装置です。エンジンのタイミングベルト、チェーン、補機ベルト等により駆動されます。
クーラントの経年劣化等により、水漏れに至る例があり、そのまま使用すると、水漏れだけでなく、ベアリングへの水侵入により異音の発生といった症状が現れる場合もあります。

クラッチディスク/カバー

クラッチディスクの写真

クラッチは、エンジンの動力を駆動系に伝える、あるいは遮断する装置です。
円滑な回転伝達、遮断が求められますが、長距離の使用により摩擦材が摩耗しますので、スベリ、接続時の振動発生(ジャダー)といった回転伝達がスムーズでなくなった場合は交換が必要となりますので、定期交換をお奨めいたします。

電子制御スロットル

電子制御スロットルの写真

電子制御スロットルは、電子制御装置の中の吸気系統に配置され、通過する吸入空気量の制御を行う機器です。

エアフローセンサー

エアフローセンサーの写真

エアフローセンサーは、電子制御装置の制御系統の中「吸気系統」に配置され、通過する空気量(エンジンに吸入される空気量)を測定するセンサーです。

フューエルポンプ

フューエルポンプの写真

フューエルポンプとはガソリンタンクの中から燃料をモーターで吸引・吐き出し、インジェクターに送る装置です。フューエルポンプが故障すると、燃料がエンジンに適正に送られなくなりますので、エンジン始動不能や出力低下といった症状が現れます。

樹脂分割ブーツ

ネオブーツの写真

分割式の為、ブーツ交換時の足回り部品等の分解組立が不要になり作業時間が短縮できます。材質は疲労性、耐候性の優れた樹脂を採用し、接合を溶着方式にすることで、一体型ブーツと同等の強度を確保しました。
等速ジョイント内への水・異物の浸入と、潤滑用グリスの飛散を防止する商品ですが、車両の走行やハンドル転蛇により劣化または損傷しますので、定期的な点検と交換をお奨めいたします。

Vリブドベルト

RIBSTAR(Vリブドベルト)の写真

Vベルトと平ベルトの利点を結合したベルトで、屈曲性に優れ小プーリ径での高速回転に使えます。
また、逆曲げレイアウトで使用可能で、伝達効率に優れております。

ローエッジマルチプライベルト

MPMF (ローエッジマルチプライベルト)の写真

ベルト下面にバイヤス布を数枚積層した構造になっており、摩擦特性が安定し、発音性が抑えられます。

ローエッジコグベル

RECMF (ローエッジコグベルト)の写真

ベルトの底面がコグ形状になっており、小プーリにもよく馴染みます。
また高速回転にも安定した性能を発揮します。

タイミングベルト

TG (タイミングベルト)の写真

耐熱性に優れており長寿命です。市場での信頼性は十分にあり、他社品に対しても同等以上の性能を有しています。